教えて!履歴書には職務経歴書は必ず必要なの?

武器になる!職務経歴書

就職活動をしていて他人に差をつけるためにも職務経歴書があれば強い武器になります。履歴書とは違い、職務経歴書は今まで培ってきたノウハウを凝縮してあるので、仕事へ対する意欲や求める能力などを証明することが出来ます。特に、応募先の企業において活かせる経験や能力をアピールすることで、履歴書だけを提出するよりもはるかに採用担当者の興味を引くことが出来ます。前職の会社名や概要を記入すると相手に伝わりやすくなりますし、どこでどんな役職についていたかも記載すればキャリアなどを強くアピール出来ます。ただし、列挙しても見づらいだけなので読む相手の事を考えた構成を心がけましょう。小さい気遣いも採用に影響してきますよ。

職務経歴書はわかりやすく書くこと

転職する時には職務経歴書があれば相手の企業に対してアピールが出来て有利です。特に書くときにはどんな経験をしてきて何をしてきたかを最初に持ってきて、続けて詳細を書くようにすれば冒頭から最後までスムーズに受け取った相手は読むことが出来るでしょう。また、それらの経験を活かして相手の企業にどう役立てることが出来るのか自己PRに盛り込むようにします。技術系の仕事であればこうしたアピールは即戦力と捉えられる事も多いのでしっかり記入しましょう。当然ながら、職務経歴書は当人にしか知り得ない情報ですので書く本人がどんな経歴があるのかを前もって整理しておかなければなりません。自分がいつどこで何をしていたかをまとめられる能力も大切ですよ。